日本で治験 水虫 海外で水虫治験を探す

水虫は日本人だけ?

いいえそんな事はありません。これに対する海外治験もあるので常に最新情報を受け取っておきましょう!

水虫
気になる病気の症状・原因・予防
水虫とは、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が原因で起こる感染症です。日本人の5人に1人が水虫の症状をもっているともいわれており、非常に身近な病気です。

水虫とは
水虫とは、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が原因で起こる感染症です。水虫の中でも、足にできる足水虫がもっとも多く、一般的に水虫という場合にはこの足水虫のことを指します。
水虫は、日本人の5人に1人がその症状をもっているともいわれており、非常に身近な病気です。
水虫の症状
水虫は、その発生部位と症状によっていくつかのタイプに分けることができます。
タイプ 発生部位 症状
趾間(しかん)型水虫 足の指の間(とくに中指と薬指の間)
指の間の皮膚がふやけ、むずかゆくなり皮膚がむける
もっとも多いタイプ
小水疱(しょうすいほう)型水虫 足の裏のふち・土踏まず
赤く小さな水ぶくれ(=小水疱)が多数でき、一週間ほどで皮膚がむける
激しいかゆみをともなう
あせもやかぶれと症状が似ている
梅雨時になりやすい
角化型水虫 足のかかと
皮膚の角質が硬く厚くなる
表面が荒れ、ひび割れなどができて皮膚がむける
かゆみは少ない
水虫だと気づかない場合がある
爪水虫(爪白癬) 足の爪(とくに親指の爪)
白癬菌が爪の中にまで入り込むことで起こる
爪が変色・変形したり欠けたりする
かゆみは少ない
ページのトップへ
水虫の原因
水虫の原因

水虫の原因は、白癬菌というカビです。
白癬菌は、他のカビと同じように高温多湿な場所を好み、ケラチンと呼ばれる皮膚などのタンパク質を栄養分にして繁殖します。
靴や靴下などを長時間履き続けていると、足が蒸れた状態、すなわち高温多湿の状態になります。また足の皮膚はケラチンを豊富に含んでいるため、蒸れた状態の足は白癬菌にとっては絶好のすみかとなります。

また、他の人から水虫が感染することもあります。
水虫の患者さんの足から白癬菌の潜んでいる皮膚がはがれ落ち、それが他の人の足の皮膚に付着し、潜んでいる白癬菌が皮膚内に侵入すると水虫が感染してしまいます。
たとえば、不特定多数の人間が裸足になる場所(プール・浴場・スポーツジムなど)に水虫の患者さんがいた場合、その患者さんの足から白癬菌の潜んだ皮膚がはがれ落ち、それが他の人間の皮膚に付着することで水虫が感染することもあります。

同居をしている家族内での水虫の感染も少なくありません。
バスマット(足ふきマット)・スリッパ・サンダルなどの足に直接触れるものを共用していて、水虫の患者さんがそれを使用することで白癬菌の潜んでいる皮膚が付着し、それを他の人が使用したために感染する、いわゆる家族内感染も原因の一つです。
ページのトップへ
水虫の検査と診断
水虫の検査・診断

水虫の検査は、ある程度までは医師が症状を診ることだけでも可能です。しかしながら、それだけでは水虫と似た他の病気との区別がつかない場合もあるため、水虫の正確な診断を行なうためには、顕微鏡による検査が必要となります。
顕微鏡による検査では、患部の一部を採取して白癬菌の有無を調べます。
ページのトップへ
水虫の治療法
水虫の予防および治療
水虫の予防および治療の方法には、生活習慣の改善、薬物療法などがあります。水虫の治療は、気長に続けることが大切です。
薬物療法
水虫の治療に用いる薬物には、塗り薬と飲み薬があります。
塗り薬
塗り薬は水虫治療の中心となるものです。患部に薬を直接塗ることで、白癬菌を殺菌したり、白癬菌の成長を抑止することができます。
塗り薬にはいくつかのタイプがあり、それぞれ異なった長所と短所があります。それぞれの症状に合った塗り薬を使用しましょう。
水虫の塗り薬の種類
塗り薬のタイプ 長所 短所
クリーム剤
皮膚への浸透力が優れている
水虫治療においてもっともよく使用されている
多少べたつきがある
液剤
乾きやすく、塗った際の使用感が優れている
アルコールを含むため刺激性があり、症状が悪化している患部には適さない
軟膏
刺激が少なく、症状が悪化して患部が過敏になっている場合にも使用ができる
他の薬と比べて効果が弱い
クリーム剤よりもさらにべたつきがあり、使用感が悪い

また塗り薬を使用する際には、以下のことをこころがけましょう。
毎日欠かさず塗ること
患部以外にもまんべんなく塗ること(感染を防ぐため)
入浴後の清潔な患部に塗ること
飲み薬
塗り薬によって患部がかぶれてしまった場合や、患部が広範囲に及んでいたり細菌感染を起こしている場合、また爪水虫や角化型水虫など、塗り薬の成分が届きにくい水虫の場合には、飲み薬を使用します。
飲み薬は、体の内側から作用するため高い効果が期待できます。しかしながら、肝臓が悪い場合、妊娠中や妊娠の可能性がある場合、授乳中の場合など、体の状態によっては服用ができないこともあるので注意が必要です。また、他の薬を服用している場合には飲み合わせの問題などがありますので、服用の際はかならず医師に相談してください。
※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。
ページのトップへ
水虫の予防
水虫の予防
生活習慣の改善
水虫は白癬菌というカビによって引き起こされる感染症なので、白癬菌を生活環境から排除することが大切です。白癬菌は、他のカビと同じく高温多湿のジメジメした状態を好みますので、そのような状態を避けることが大切です。

●窓を開けて換気をする
こまめに窓を開け通気を良くし、高温多湿の状態を防ぎましょう。
●こまめに床の掃除をする
床のホコリにも白癬菌が潜んでいます。こまめに床の掃除をして清潔な状態を保ちましょう。
また、足を清潔な状態に保つことも大切です。
●サンダルやスリッパなどは個人別のものにする
サンダルやスリッパなどの足に直接触れるものは、家族共用ではなく個人別のものにしましょう。
●バスマットや靴下などはこまめに洗濯し、日光にあてて乾かす
湿ったままのバスマットや長時間履き続けた靴下などは白癬菌の絶好のすみかです。こまめに洗濯をし、日光でよく乾かしましょう。
●足の裏をよく洗う
足の裏をよく洗うことで、清潔な状態を保ち白癬菌の侵入を防ぎましょう。
●足の裏をよく乾かす
足の裏を洗った後には、よく乾かして湿った状態を避けましょう。

(参照元:治験情報ネット【水虫】)

このページの先頭へ