「海外治験で知っておきたいこと」の記事一覧

海外治験にも30日ルール・7日報告・15日報告の慣習はあるのかな?

治験を実施するそれぞれの国で、そういった期間などが決められており、各治験もそれを元に個別に設定されています。共通しているのはそれらのルールを下回る事は出来ませんし、もちろん日本で治験を受けた後にすぐに海外治験を受けること・・・

海外治験の期間はどれ位が普通かな?

海外治験と言っても様々ありますが、大きく分けて長期と短期、ごく短期があるのは日本と同じです。 長期になると数カ月から半年、経年調査で数年というものもありますし、短期で一週間以内のものもあります。 また日帰りなどのものも数・・・

海外治験 の問診や実際の前日 。食事や酒はどの低緯度まで?絶食しないといけないかな?

外国治験にゲノム治験はあるかな?

最近良く聞く話題のゲノムですが、もちろん選べば海外でも治験がありますので、是非試してみてくださいね。

海外治験の事前検診・面接・健康診断・問診はどうすれば?

治験機関によって電話やSkypeなどである程度の問診、面談を終わらせる所もありますし、メールで終わらせて候補者のみ実地の面談などをする事もありますのでいずれにしろ確認することが大切です

海外治験 病歴情報は必須?

治験がなぜ行われているかをを考えると自ずと答えは出てくるのではないでしょうか。もともと病気を治す進歩のために行われるボランティアですから、自身の過去、現在の上を適切に報告するのはボランティアとしての努めです。

海外治験でトラブル。 補償は受けられる?どこの法律が使われるの?

治験と言っても誰もが勝手に行っていいわけではありません。そのために世界中で様々な仕組みがそれを支えていますが、国ごとに治験をサポートする法律などは変わりますので、必ず確認するようにしましょう。

海外治験 で保険や保険証は必要?

日本の保険制度では最近、海外の治療費も保障を受けられる制度となりました。但し日本語に訳す手間や承認までの時間を考えると実際的ではないかもしれません。 いずれにせよ、海外治験云々はおいておいて、渡航そのものに海外旅行保険を・・・

海外治験だけど、日本と同じようにグレープフルーツはNG?

治験内容により、事前の食事を規制されることも有りますので必ず確認するようにしましょう。

注射や採血が苦手だけど海外治験で大丈夫かな?

治験にはどうしても採血がつきもの。どうしても苦手な場合は医療器具などの治験や他のものを探すのも一つのアイデアですよ。

このページの先頭へ